カテゴリ


カレンダー

2012年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

検索


ノートルダムミサ曲

2012/04/03 (火) 21:03

ダウランドから始まって、中世、ルネサンスの音楽について、ちょっとWikipediaで調べてみましたが、とても面白いですね。

 

現代の我々が普通に聞く音楽って、やっぱりバッハ以後が主流だと思うのですが、

音楽の伝統は、それより以前から綿々と続いていたわけですね。

 

先日、マショーの「ノートルダムミサ曲」を聴いてみましたが、

その斬新な響きに驚き、ちょっとしたカルチャーショックでした。 

 

これまであまり知らなかったのですが、

「ノートルダムミサ曲」は、西洋音楽の不滅の金字塔と評価されているのですね。

 

この時代には、オルガヌムというポリフォニーが主流だったのですが、

我々が聴き慣れている”和声”の概念がまだない時代なので、

すごーく、不思議な響きがするわけです。

 

例えば、「ノートルダムミサ曲」の冒頭を聴くと、

D-mollの響きで始まって、おおよそその調性をベースに進んでいくのですが、

様々な声部が絡み合って進んでいく途中で、

F#-mollやC#-mollの響きが出てきたりして、

あまりに異様な響きなので、ギョッとします。

 

現代の音楽であるような印象まで受ける。

 

でも、とても素晴らしい音楽です。

(まだ、よく理解しているとは言い難いですが・・・) 

 

 

 

 

トラックバック先

コメントを書く