カテゴリ


カレンダー

2017年10月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

検索


弦楽ソナタ3楽章に突入

2013/11/04 (月) 11:15

しばらく、ブログをさぼっていました。

弦楽のためのソナタ、がようやく2楽章がほぼ完成し、3楽章に入れそうです。
2楽章ですでに350小節を突破していますので、全曲でおそらく、600小節くらいはいくのではないかと思いますね。

僕としては、長大です。

演奏時間は20分以内と決まっていますが。

入力開始

2013/07/04 (木) 18:23

昨日、9小節打ち込みました。

まだ、9小節、されど9小節、

入りはとても美しい感じ。

日本のうたファンタジー

2013/06/18 (火) 23:29

日本のうたファンタジーの構成を練り直し中

 

だいたい、こんな感じかな。

 

・イントロダクション

・No.1「荒城の月」 オリジナル

・No.1「荒城の月」 変奏1

・No.1「荒城の月」 変奏2 ジャズ風

・No.2「砂山」 オリジナル

・No.2「砂山」 変奏1

・No.2「砂山」 変奏2 ジャズ風、かなり自由な変奏(フーガ付)

・No.3「ふるさと」 オリジナル

・No.3「ふるさと」 変奏1 ジャズ風

(・No.3「ふるさと」 変奏2)

・No.4「花」 オリジナル

・No.4「花」 変奏1 ⇒ コーダ

 

4つのメロディと6つの変奏のような感じかな。、

工夫しなければいけないのは、それぞれのパートがぷつっと切れないで、うまくつながって流れていくこと。

つなぎ目の部分がかなり大事。

曲調もとにかく変化をつけて、楽しめるようにすること。

3人のソリストが協奏的に縦横無尽に変化をつけながら掛け合いができるような作りになればBEST。

ジャズでない、変奏部分をどんな感じの曲想にするか・・・

ピアノはできるだけシンプルに(簡単に)

 

 

 

 

ソナタ、できあがり!

2013/03/18 (月) 21:48

ソナタの第2楽章の再入力がほぼ完了し、楽譜復活が無事になりました。

 

われながら、ソナタの2楽章コーダはよくできているなぁ。

第2楽章突入

2013/03/11 (月) 17:52

コントラバスソナタ第2楽章入力が終わり、第2楽章へ突入しました。

(作曲ではなく、昔の曲の再入力です)

 

この楽章は、やっぱりこれまでの僕の曲の中で、もっとも素晴しいもののひとつと言えそうです。

20代の若書きが最高峰ではシャレになりませんがね。

なんで、こんな曲を書けたんだろう・・・

 

ソナタをふたたび

2013/02/28 (木) 00:03

データが、吹っ飛んでしまった、コントラバスソナタの楽譜を再度、入力しています。

 

前に打ったのは、2000年ころと、かなり前で、ソフトも今のフィナーレではなくて、Overtureといういまはなきソフト。

ソナタは代表作のひとつなので、やはりいつかはフィナーレで打ち直しておかないとと思っていたものの、新作の作編曲に忙しく、なかなかできなかったというわけ。

 

こうして、じっくりと打っていくと、昔の作曲の仕方って、結構、乱暴というか、シンプルに作っているなぁ、ということを実感。

もちろん直しませんが、今だったらこういう風には書かないなぁというところが結構ある。

でも、音楽的には、非常に充実しているところがあって、そのあたりの書法と内容が微妙にアンバランスなところが、また面白いともいえる。

 

 

複調

2013/01/30 (水) 22:02

Sウォーズの音楽をコントラバスアンサンブルに編曲するという荒業をしているのですが、概ね、思ったよりもいい感じで進んでいるのですが、難しいのは、なんといっても複調の部分。

これが結構あるんですね。

Sウォーズの独特の浮遊感のあるスペースサウンドは、複調によるところが多いのですね。

 

でも、オーケストラでやればきれいに響くのですが、コントラバスアンサンブルでやると、グニャという不快な雑音にしかないらない事が多いですね。

かといって、普通の協和音に直してしまうと、それはそれで素直すぎてつまらないので、どうしたものかと。

 

まあ、頑張ります。

弾けるのかな?

2013/01/23 (水) 13:23

Sウォーズ組曲の第1曲部分がほぼ、出来上がりました。

本当に嵐のような編曲です。

果たして、弾けるんでしょうか?

 

ユニットバスの面々なら何とかしてくれると思います!

さて、ここからどうやって、2曲目につなげようかな。。

快調!日本のうた抒情編

2012/09/22 (土) 23:43

コントラバス四重奏のための「日本のうたvol.2抒情編」の編曲に本格的にかかりました。

今日は3時間くらいしか時間が取れませんでしたが、6曲中3曲ができるなど、非常に快調なペースで、進んでいます。

この感じだと、あと1週間くらいで何とかできるはずです。

 

とはいえ、もともとこの曲、8月末くらいまでの締め切りだったのを、少し伸ばしてもらっていたものです。

(はやく作らなくては・・・)

 

曲順は、

①早春賦

②砂山

③月の砂漠

 

と、ここまでは、ほぼできた。

 

④叱られて

⑤宵待草

⑥故郷

 

と、後半はいよいよ抒情歌の本領発揮ともいうべき曲たちですな。

がんばろう。

子供のためのサウンドオブミュージックが完成

 

パート譜も大量に作って、結構大変だったけれど、無事、終了しました。

どんな音になるか、楽しみだけれど、子供たちが楽しんでくれればいいな。