カテゴリ


カレンダー

2017年10月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

検索


「弦楽のためのソナタ」のCDが発売されました!

演奏は、この曲の作曲を依頼し、初演していただいた、アンサンブル・リスコペルタです。

演奏されることも嬉しいですが、CD化されるのは初めてなので、とても嬉しいです。
ご興味のある方は、Amazonからお買い求めいただけます。

http://www.amazon.co.jp/metamorfosi-Ensemble-RISCOPERTA/dp/B00UBHW582/ref=pd_rhf_gw_p_img_1

ご無沙汰しております

2015/02/20 (金) 00:28

ブログを1年以上さぼっていました。
Facebookに、作曲の状況はupしていたので、いきおいブログが手薄になってしまって・・・

ブログはブログで、できる範囲で、書いていこうと思います。
さて、2015年の2月19日現在、エチュードが9曲完成しています。
エチュードの第1曲目ができたのが昨年の2月でしたので、1年で9曲。
多いのか、少ないのか、は分かりませんが、1曲70小節平均として、70×9=630小節くらいということで、大曲を1曲書いたくらいでしょうか。

ちなみに、W変奏曲が451小節
弦楽のためのソナタが602小節
という感じ

1年間で書く小節数って、こんな感じなのかなぁ。
とはいえ、弦楽のためのソナタは、主題は6つくらい、しかも、循環主題的なので、素材の数は本当にわずかのものです。

エチュードで大変なのは、メロディをたくさん発明しなければならないことですね。
あと、同じような曲調ではつまらないので、様々な曲調を用意するのは大変でした。
あとは、最高音域とか、使わなければならない技術テーマなど、制約が多いのも大変でした(もっとも、とても勉強になりました)

エチュード1曲完成

2014/02/11 (火) 23:46

エチュードの第1曲目が完成しました。
とはいえ、12曲セットなので先は長い。
頑張ろう!

エチュード第1番

2014/02/04 (火) 22:13

ほぼできているのではありますが、時間がなくて仕上げられない…

エチュード

2014/01/28 (火) 21:18

いきおいで、1曲作ってみたものの、求められる技術要素などをあまり厳密に満たしていないことに気づく。

追記

2014/01/27 (月) 21:42

「瀬戸の花嫁」(4重奏)を作ったのを忘れていました。

瀬戸の花嫁、名曲です。

近況

2014/01/26 (日) 23:34

最近、曲の進捗具合とかは、FacebookにUPしているので、いきおい、ブログがさぼりがちになります。
とはいえ、Facebookには、そんなに細かいプロセスは書きませんので、そういうマニアックなことは、やっぱりこっちに書くのが良いのでしょう。

ちょっと前のことになりますが、弦楽四重奏の作曲が終わりました。
これが昨年の秋からの重量級の仕事でしたので、まずまずの感じで仕上がって、ホッとしています。

その後、コントラバッカでのアンコールを弦楽合奏用に編曲しました。
これは、まあ、遊びで。

その後、以前編曲した、「ふるさと」、と「川の流れのように」のトリオの譜面をカルテットに改変しました。
これも、瞬間的にできました(3時間くらい)。

最近、編曲は、本当に時間をかけずにできるようになってきました。

そして、同時に着手したのが、「犬小屋の中のシュトラウス2」
これについては、詳細はしばらくは秘密にしておきます。
これは、コツコツと書いていけば、2月中にはできるでしょう。

そして、今年のメインと思っていた、コントラバスソナタ第2番にかかろうかというところで、来年のコンサートでは別の曲をという連絡が入り、コントラバスソナタ第2番の企画はお流れになりました。
正直、ソナタ第2番は、満を持して、40代前半くらいの集大成となるように、技法的、表現的なものを磨いてからかかるイメージだったので、若干の猶予期間ができて、ホッとしているところもあります。
弦楽四重奏で、いろいろ試してみた技法を、もうちょっと深めていきたいなぁと思うこの頃です。
あと、コントラバスソナタ第2番に関しては、締切に追われたり、奏者のイメージを想定して書くのではなく、もっと自由に、納得のいくまで時間をかけて作りたいなぁという気もしています。

さて、そういうわけで、今年のメインは、エチュード12曲です。
これは、面白そうな仕事なのですが、実は結構難しい仕事でもあります。
教育用で初心者なども弾くということで、使える音に制限がありますし、各曲ごとにテーマとなる技術があり、それを織り込んで書かなければなりません。
また、なにより、入門者のこころに初めて触れるような音楽となると思いますので、本当に良質な音楽体験となるような曲を書かなければと思います。
ピアノでも、入門曲って、ずっと後になっても心に残っているものですよね。
というわけで、なかなかおいそれとは書けないなと思っていたのですが、この週末にちょっと時間があったので、うねうね作業していたら、1曲ほぼできてしまいました(笑)
(言っていることと、やっていることが違う…)

さすらいびとや、弦楽四重奏と違って、結構楽しかったです。
今年一年、頑張って、エチュードを書き上げよう。
きっと、多くの人が待っているはず。

「日本のうたファンタジー」 ピアノ五重奏版を作っています。
ほとんど、できているのですが、あと1つの変奏だけ、声部をどう処理しようか悩んでいて、
あと、1~2日くらいかかるでしょう。

あと、ファンタジーが出来上がったら、カノン―クリスマスイブの弦楽合奏版も作ろうかと思います。

コントラバッカⅧ 終演

2013/12/10 (火) 20:25

先週の日曜日(8日)、コントラバッカⅧが終演しました。
今回は、「日本のうたファンタジー」でした。

コントラバス3本とピアノという変わった編成の曲ですが、なかなか良い響きが作れたと思います。
この曲は、すぐにピアノ5重奏用に編曲しなければなりません。
(もうすでに始めています)
ピアノ5重奏版もきっと良い作品になるでしょう。

あと、1週間で

2013/12/02 (月) 21:55

コントラバッカです。

今回は、「日本のうたファンタジー」という編曲作品の初演です。

 

きっと、よい演奏になるでしょう。

みなさまのお越しをお待ちしております。