カテゴリ


カレンダー

2019年9月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

検索


今年もあと1時間ほどで終わってしまいますね。

 

今年も、いろいろと充実した創作活動ができたような気がします。

 

来年も頑張ろうと思います。

寒さの対策として

2012/12/17 (月) 21:50

作曲小屋の寒さを何とかするために、

業務用のでかい石油ストーブを購入しました。

 

これを持って、山荘に行きたいのですが、

今週はなかなか時間がない・・・

 

残念だが、来週かな。

もう一段の脱皮を

2012/12/15 (土) 23:31

今日は、池松さんのアンサンブルコンサートに行ってきました。

 

面白かったなぁ。

クラッシックのステージの面影はもはやなく、パフォーマンス集団のような感じでしたね。

楽器とか音で、こんなに楽しめるんだなぁ、という新鮮な発見がたくさんあり。

 

とはいえ、いわゆる感動は、あまりなかったかもしれない。

こういう、極めて高いクオリティのノリやパフォーマンスを楽しむというのは、

もちろん素晴らしい体験なのですが、

音楽には、どこかで感動を求める自分がいることも事実。

 

編曲も、木村さんや小室さんなど、素敵な編曲でしたねぇ。

オルケストラのレパートリーも何曲か演奏され、

コントラバスのアンサンブルというマイナーなジャンルでも、

いまや決して、優れた楽譜は少なくはありませんね。

 

そうそう、パgani蟹の川島素晴さんが来場されていました。

僕と同い年なんですよね。面識はありませんが。

何曲か、川島さんの曲が演奏されていましたが、

作品もさすがの出来栄え。

 

僕も、もっと、もう一段、高いレベルで編曲や作曲を出来るようにならないと、

いけないなぁと、強く思いました。

作曲小屋

2012/12/12 (水) 12:35

最近、富士山の山麓に、作曲するための小屋を持ちました。

 

まだ、ピアノなどはありませんが、隠れ家的な、とてもよい環境です。

仕事でも、原稿を書く時などには使えそうです。

 

ただ、冬は寒過ぎて、なかなか集中できないかもしれません。

暖房器具を、ちゃんと揃えなくては。

 

汽車

2012/12/07 (金) 16:36

週末は、編曲に没頭しよう。

 

日本のうたメドレーの第2集に軽快で明るい「汽車」を挿入することになったのです。

がんばらねば。

作曲家仲間

2012/11/26 (月) 23:56

今日は、同じ大学のオーケストラの後輩で、同じく作曲道に邁進している人と情報交換の会を行ってきました。

 

彼は、ヨーロッパの主要ホールで、作品が演奏されたという、

華麗な実績を持つ人なのですが、

アカデミックな出身ではないもの同志として、

楽しく、ためになる話しができました。

 

僕も、こころ新たに頑張ろう。

言葉のない指輪

2012/11/26 (月) 09:51

らららクラッシックで、マゼールの言葉のない指輪を観る。

 

マゼールって、82歳だったんだぁ、という驚きも。

 

マゼールが、的確に表現していたけれど、

ワーグナーには単に音楽を超えた、神話的、宇宙的感覚があり、圧倒的だ。

本当にすごい人だ。

 

でも、その彼をしても、シンフォニーを書いたら、それほどのものは書けないかもしれない。

ワーグナーは、劇・神話という、自分自身の源泉から音楽を生み出しているからあれほど力強いのでしょう。

 

ワーグナーに学ぶとしたら、自分自身の源泉から創作するということかな。

日本のうたvol.2改訂版

2012/11/22 (木) 23:01

日本のうたVol.2の改訂版を構想中。

 

演奏される前から改訂って、ちょっと変な感じもするでしょうが、

まあ、そういう流れになっております。

 

それにしても、日本のうた関係の事をやっているのは楽しいですね。

日頃はあまり意識することがないけれど、

日本人なんだぁと感じます。

 

それにしても

2012/11/20 (火) 22:45

マーラーの5番って難しいなぁ

 

最近、通勤時間中に、スコアを読んで、音を憶えてしまおうと必死。

あと1週間もないのですが。

年末に期待

2012/11/20 (火) 08:25

今年は、年末もゆっくり休めそうなので、

編曲・作曲に励もうかと思います。

 

それにしても、寒くなりつつありますね~