カテゴリ


カレンダー

2019年7月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

検索


吹奏楽曲を作ろう

2009/08/27 (木) 23:29

いつか、吹奏楽コンクールの課題曲を作って、コンクールに応募したいなぁと思っています。 今のところは、いろいろと作らなければならない曲があるので、しばらく先になりそうですが。

自覚してます・・・

2009/08/26 (水) 23:53

僕の仕事(ビジネスの方)のし方を振り返ってみると、実際に手を動かす作業を始めると、気持ちがのってきて進みが早いのですが、取りかかろうと思うまでに時間がかかる傾向があるようです。 またそもそも、「気がのってこないと作業を始めたくない」というタイプでもあり、これと「作業を始めないと気がのらない」というのは矛盾するわけで、”いつになったらやる気になるんだ!”という困った性格かもしれません。 作曲もそうで...続きを見る

家で練習

2009/08/25 (火) 22:37

今夜、家でコントラバスを1時間ほど練習してしまいました。 うちはマンションなので、もちろんサイレントベースです。 社会人になってから、家で練習することなど滅多になかったのですが、最近なぜか、「もう少しうまくなりたいな~」という気持ちが芽生えてきました。 短い時間で効率よくうまくなる方法を模索してみようと思います。

合唱の名曲

2009/08/24 (月) 23:52

たまに合唱の曲が聴きたくなります。 このあいだ、図書館で「大地讃頌」が入ったCDを借りてきました。 この曲、何度聞いてもジーンときます。名曲です。 ところで、僕がクラッシックに目覚めたのも、パッヘルベルの「カノン」を編曲したような「遠い日の歌」という合唱曲によってでした。 いつか合唱の曲も書いてみたいなぁと思っています。 もっとも、合唱については、まったくどうやって書いたらいいか分からないのですが...続きを見る

貴志康一の「花見」

2009/08/23 (日) 23:29

今日は、所属しているオーケストラの練習でした。 13:30~19:00という長丁場。 曲目は、「春の祭典」と「幻想交響曲」、そして、貴志康一の「花見」です。 貴志康一は日本作曲界の黎明期に国際的に華々しく活躍したものの若くして亡くなった幻の音楽家です。 以前から気にはなっていたのですが、今回、コンサートで演奏することになり、とても楽しみです。 「花見」という曲は、日本民謡(?)の「さくらさくら」の...続きを見る

未完成・・・?

2009/08/22 (土) 22:43

昨日、酔った勢いでアンコールピース完成宣言をしてしまいましたが、本日昼寝をしてしまったため、雲行きが怪しくなってきました。 来週かな・・・。

宣言!

2009/08/21 (金) 23:30

明日は久しぶりに時間があるので、アンコールピースを完成させます(宣言!)。 たぶん・・・

コントラバッカⅣ

2009/08/20 (木) 22:44

中村勇一さんから、今年のリサイタルのチラシが届きました。 中村さんのリサイタルは、いつもプログラムが創意工夫に満ちていて、とても面白いのです。 今年の目玉は、プロトの「カルメン幻想曲」。 メゾ・ソプラノの東さんの歌が絡んでいく、独自の世界が展開されるとのこと。楽しみですね。 僕の曲は、「エレジー」と「ワルツ・テンペスト」の2曲を演奏していただきます。 あんまりとんがったところはありませんが、ホロリ...続きを見る

塵を積もらせて

2009/08/19 (水) 21:36

今朝、出勤前のちょっとした時間を使って、少しだけ編曲を進めました。 所要時間5分。 進んだ分量、わずか2小節。 ゆっくりしていても良かったのですが、なぜかやりたくなってパソコンを開いてしまった・・・ でも、こういう塵を積もらせていくと、知らぬ間に完成に近づいていくものなんですよね。

ところで、一昨日の話に付随して、音楽で”構造”ってとても大切なものなんですね(構造主義でいう”構造”とは違いますが。念のため)。 特に西洋音楽では、高度に知的に構造化されている音楽はとても高く評価される傾向があります。プロの作曲家として、こういうことができるようになるためには、様々な理論を学び、厳しいトレーニングを受ける必要があるわけです。 作曲家は英語でcomeposer。composeとはズバ...続きを見る